« 『もりのこえ』 | Main | 絵本『おしっこぼうや』 »

June 13, 2005

お疲れ、愛・地球博。

ただいま〜。
足がだるくてたまりません。

「地球に優しく、人に厳しい愛知万博」
とバスガイドさんが言うてはりました。

確かに会場も広くて、
随分歩いたので疲れましたが
会場内の移動などには
乗り物もいろいろあるし、
案内スタッフやボランティアの方も
たくさんいらっしゃいます。

花や緑も多く、暑さ対策にも
パビリオンに水を流したり
通路にミストを噴霧させたりもしてあるし
ちょっと高台にあるので
時折気持ちのいい風が通ります。

あちこちにバリアフリーの工夫もしてあり、
車椅子の方もたくさんいらっしゃいました。
なかなか人にも優しいのでは
と、思いましたが・・・

0248756500001人の多さはすごすぎる!
人気パビリオンの待ち時間はとんでもないですね。

ここは、その人気パビリオンの立ち並ぶ<企業ゾーンB>

正面の“日立グループ館”は10時に入場した時点で
310分待ち!=5時間!?バス出てしまうやん。

パビリオンの中はあきらめて、
会場をぐるっとまわろうってことで、
日立館横に乗り場のある“キッコロゴンドラ”
に乗りました。(この手の乗り物は苦手なんですが)
上からの眺めはよかったですよ。
森林ゾーンは思ったより広くて散策してみたかったな。

行ってみたい国や知らない国のことに
日本にいながらにして、触れられる外国館。

今では外国の人を見るのは珍しくなくなりましたが、
35年前の万博のことから思うと、スタッフの方たちも
フレンドリーで、片言のお互いの言葉で
声をかけることもできるそんな雰囲気です。
(「京都ほうが外国の人多いな」と友だちと言うてましたが)

何をするにも待ち時間で、時間がなかったし
一回行っただけではよいところがなかなか
分かりませんでした。機会があれば、また行きたいけど・・・

日本の歴史上有名な古戦場のある長久手や
日本の食器の代名詞にもなる“せともの”の町瀬戸市、
県名にLOVEの意味の字が入っている愛知県
食べ物文化もいろいろあっておもしろい名古屋。

もっといろんな意味でも楽しめるなぁと思いました。

|

« 『もりのこえ』 | Main | 絵本『おしっこぼうや』 »

Comments

おお 行きましたか
まさにこっちは僕の本業に近い部分です
知り合いのディレクターもいっぱい関わっています。
運営側ですから、混雑に並ぶ人の気が知れないんですよねぇ

僕は京都散策の方がよっぽどいいなあ

自然を壊してバーチャルな自然を見せて
人を過剰に集めてお金とって
そのあとはゴミになるって
なんか無理を感じるんですよね~

う 頭痛が 

Posted by: 絵本おじさん | June 13, 2005 06:21 PM

絵本おじさん へ

  大丈夫ですか?つらい時にわざわざ
  コメントくださってありがとうございます。

絵本おじさんの本業?なんでしょ。私の本業?
  そのうち・・・明かしましょう。
  生業は理想と現実が近づきません…

  いつかは、仕事がらみでなく、
  ゆっくりと京都散策にいらしてくださいね。
  

Posted by: このはな | June 13, 2005 11:14 PM

こんばんは。
名古屋(正しくは愛知ですが)へようこそ♪でしたね。
実は私も前に行ったんです。
ブログで紹介しようと思ってましたが、まだ・・・という状態です。
名古屋の地方のニュースの時間には必ず「今日の万博」というコーナーがありますが、他の地方ではどうなんでしょう??

私のブログを紹介してくださってありがとうございます!最近はやっとデジカメも使うようになりました(遅い!?)

Posted by: rina-oha | June 14, 2005 08:59 PM

rina-ohaさん へ

   京都新聞にもほぼ毎日、万博の記事が
   載っているんですが、行くとなってようやく
   ちょっと気にして見てみるようなことで。

   

   

   

Posted by: このはな | June 18, 2005 04:00 AM

Great information. Lucky me I discovered your website by accident (stumbleupon). I have saved it for later!

Posted by: http://zyyp.net/ | April 30, 2016 02:36 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お疲れ、愛・地球博。:

« 『もりのこえ』 | Main | 絵本『おしっこぼうや』 »